歯周病治療・予防歯科

歯周病について

歯周病とは、歯を失う大きな原因となっている病気です。日本の成人の80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)を患うと言われています。

歯周病は、時間をかけてゆっくりと、あなたの歯茎を蝕んでいく病気です。自覚症状が現れる頃には手遅れになってしまう患者様も少なくありません。そのためにも定期的に歯医者さんへ通院して、歯のメンテナンスをしていくことが大切です。

早期発見・早期治療で、大切な歯を失ってしまわぬよう、歯周病を防いで行きましょう。

こんな症状はありませんか?

虫歯|武蔵新城の藤木歯科クリニック

  • 歯ぐきから血が出る。
  • 歯肉が腫れている。
  • 口臭が気になる。
  • 歯ぐきがやせている。
  • 歯がグラグラしている。

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染して、歯肉(歯ぐき)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまいます。歯周病の初期では、自覚症状がほとんどないので気づかない方も多く、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎または歯周炎)にかかっているといわれています。
 また、歯周病と同じ意味で歯槽膿漏(しそうのうろう)という言葉もありますが、歯槽膿漏は字のごとく「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことであり、歯周病の一症状を指します。

歯周病が与える全身への悪影響

歯周病治療|武蔵新城の藤木歯科クリニック歯周病は、お口の中だけの病気というイメージが強いと思います。しかし、これまで様々な研究が行われた結果、歯周病は全身の疾患に関わるとても恐ろしい病気であることが分かってきました。

歯周病を放っておくと様々な病気を患うリスクが高まります。現在分かっている病気は、「心臓病」「糖尿病」「肺炎」「口腔癌」などです。歯周病菌や菌が出す物質によって、それらの病気に罹るリスクが高まります。特に注意したいのは、妊婦さんです。妊娠中の女性が歯周病に罹ると、生まれてきたお子さんの健康に悪影響を与える可能性が高まることも分かっております。

多くの疾患に影響を及ぼし、その発症や進行のリスク因子になることが明らかにされている歯周病は、とても恐ろしい病気です。歯周病と関連があるといわれている5つの病気をご紹介します。

糖尿病

歯周病|武蔵新城の藤木歯科クリニック糖尿病とは、高血糖状態が続く疾患です。本来、人間の身体には血糖を下げるホルモン(インスリン)がありますが、それが不足したり正常に作用しなくなることで血糖値が上がってしまいます。高血糖の状態が続くと合併症を引き起こしやすくなるため、歯周病は糖尿病の合併症の一つとして捉えられています。

糖尿病の患者様は、健康な方に比べて歯周病を患うリスクが高いという研究結果もあります。逆に、歯周病の治療によって歯肉の炎症を抑えることで、インスリンが活発になり、血糖値を下げられる効果があるというデータもあります。

心疾患

心疾患|武蔵新城の藤木歯科クリニック生活習慣病の一つである心疾患。日頃から不健康な生活を送っている方は注意が必要な病気です。

歯周病によって歯茎で産生された炎症性物質は、血流を介して心臓血管にも影響を及ぼす可能性があります。

心疾患というと食生活の乱れや運動不足、ストレスが原因となることで知られていますが、実は歯周病が重篤であればあるほど、心疾患の発症リスクが高まることが分かっています。

骨粗しょう症

骨粗しょう症|武蔵新城の藤木歯科クリニック骨粗しょう症は、閉経を迎えた50歳前後の女性に多い症状と言われています。骨がもろくなり、ちょっとしたことで骨にヒビが入ったり、骨折したりしてしまいます。

骨が弱くなってしまうことで、歯を支える歯周組織にも影響を及ぼしてしまうことが考えられます。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなります。歯周病は歯を支える歯肉が蝕まれていく病気なので、骨粗しょう症によって歯周病進行しやすくなってしまうということが分かります。

早期低体重児出産

早期低体重児出産|武蔵新城の藤木歯科クリニックホルモンのバランスが崩れてしまうこの時期は、歯肉の炎症が起きやすい傾向にあり、妊婦さんは注意が必要です。また、つわりが辛い方は食事だけでなく歯みがきも疎かになってしまうことも考えられます。その点でも、歯周病になってしまいやすい時期であると言えます。

妊娠中に歯周病に罹っている場合、歯周病によって炎症性物質が子宮筋の収縮を引き起こしてしまうリスクが高まります。その結果、早期低体重児出産になってしまう可能性も高くなるため、歯周病は母子ともにリスクがある疾患であることを理解しておきましょう。早産や低体重児出産が起こるリスクは、健康体の妊婦と比較しても4倍以上高いことが分かっています。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎|武蔵新城の歯周病治療高齢者の方に多い誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、嚥下機能の低下(食べ物を飲み込む力が衰える)によって、食べ物・唾液が肺に入ってしまうことが原因で肺炎を起こす病気です。

口腔環境が不衛生だと、唾液中の細菌は増えていきます。定期的にケアをすることで、口内細菌(歯周病原性細菌など)を減らすことができますので、結果的に肺炎の発症率が下がることが分かっています。

歯科衛生士が担当

歯周病予防|武蔵新城の藤木歯科クリニック藤木歯科クリニックでは、歯科衛生士が予防歯科を担当します。虫歯や歯周病の予防をしたいという方は、当院へお任せ下さい。

当院では、ケアを始める前に患者様のお口の中を確認し、患者様にご自身の口腔環境をよく理解して頂きます。丁寧に説明させて頂くことで、理解が深まり、患者様の予防意識も高まって頂けると考えておりますので、お気軽にご相談頂けると幸いです。患者様のライフスタイルに合った予防メニューをご提案致します。

当院でケアをしたあとは、セルフケアに関する方法もお伝え致します。患者様がご自宅でできる予防ケアはたくさんあります。定期的な歯のメンテナンスを通して、むし歯や歯周病の予防を徹底していくことで、患者様の生活がより豊かなものになると確信しています。重度の症状になってからでは遅いのです。日々の生活の中で、意識して健康な歯を維持していきましょう。

予防歯科メニュー

PMTC

PMTC|武蔵新城の藤木歯科クリニック最近では歯への健康意識が高まり、ご自身でプラークコントロールをしているとい行う方も多くなってきたように感じます。そんな中で、歯ブラシや歯間ブラシなどを使用している方が大半だと思います。しかし、セルフケアだけでは歯と歯の間に張り付いたプラークを完全に取り除くことは不可能です。

藤木歯科クリニックでは、専用の器機を使って歯に付着したを汚れを除去するPMTCをおすすめしております。日頃、歯磨きを徹底している方でも、歯の裏側は、歯石や歯垢が溜まってしまっていることが多いです。それらの汚れを丁寧に落としていきます。

PMTCでは、歯垢を取り除くだけではなく、歯質を強化するフッ素を塗布していきます。そのため、定期的にPMTCを実施することは虫歯や歯周病の予防に繋がります。

PMTCの効果

歯のトリートメント

歯の表面には、目には見えない無数の凹凸があります。これが、プラークを付着させやすい原因にもなっています。PMTCによって歯の表面を研磨することにより、歯の傷や凹凸が修復しやすくなるため、表面に凹凸のない滑らかな歯になると共に、プラークの付着を減少させることができます。

むし歯の予防

お口の中の細菌を減少させることができるため、プラークの除去、また再付着を防ぎことができます。

歯周病の改善

歯周病菌を減らすことができるため、歯周炎の症状を軽減させることができます。

歯質を強化する働き

PMTCではフッ素入りの研磨ペーストを用いて磨いていきます。歯の再石灰化が促進されることによって、歯質が強化されていきます。

口臭予防

口臭の原因となる細菌が減少するため、口臭を防ぐだけでなく、お口の中がすっきりとして爽快感が得られます。

審美性の向上

汚れだけでなく、歯のついた着色も綺麗にすることができます。表面の光沢を回復し、歯本来がもつ美しさを取り戻します。

定期検診の大切さ

患者様にお伝えしたいこと

定期検診|武蔵新城の藤木歯科クリニック武蔵新城の藤木歯科クリニックでは、患者様一人一人に合った適切な治療をさせて頂いております。そんな中で、患者様には定期検診の大切さをお伝えさせて頂いております。

「歯医者さんは歯が痛くなったら行くところ」

このように考えている方は多いと思います。
現に当院にいらっしゃった新患さんも、同様の考えの方は少なくありません。

当院がそんな患者様にお伝えしたいのは、
「歯が痛くならないように歯医者さんを利用する」という考え方です。

治療が終了し、痛いところが無くなったから全てが終わったという訳ではないのです。これから先、健康で素敵な毎日を過ごして行くためには、むしろ終わりではなく、歯への健康意識が高まった今が、新たなスタートです。

これから先、お口の健康を守って頂くために、当院では「定期検診」をおすすめしています。

10年後、20年後を見据えた治療を

「治療が終わって痛みも無くなったから、もう行く必要はないだろう」そう考える方も多いと思います。しかし、どんなに注意して歯磨きをしても、むし歯や歯周病の原因菌となる歯垢(プラーク)を完全に取り除くことは不可能です。定期的なメンテナンスを怠ると、むし歯の再発や歯周病になる確率は格段に高まります。

「もう少し早く来て頂ければ歯を抜かずに済んだのに…」
そんな思いをする患者様を、一人でも減らして行きたいというのが当院の考えです。

歯磨きだけでは予防できません

予防歯科|武蔵新城の藤木歯科クリニック歯磨きをすれば、虫歯や歯周病を防げると思っていませんか?もちろん、歯磨きはとても大切ですが、残念ながらそれだけでは不十分なのです。

毎日歯磨きをすれば歯を清潔にキレイな状態を保つことができます。しかし、ほとんどの方は完全に歯を磨ききれてはおらず、理想とする歯磨きができる方はとても少数なのです。

むし歯を予防するには歯垢(プラーク)の除去が必要です。

歯垢(プラーク)は目に見えるものではありません。歯磨きだけで完全に取り除くことは到底難しく、歯並びや歯磨きの仕方によっては、歯垢(プラーク)が溜まりやすい状態が続くため、歯石(歯垢が硬くなったもの)になってしまう可能性が高いです。歯磨きによる歯垢の除去は6割ほどと言われており、実に4割もの磨き残しがあります。

歯磨きだけでは、むし歯や歯周病を予防できない理由がここにあります。

まずは患者様の意識改革を

予防歯科|武蔵新城の藤木歯科クリニック患者様ご自身が「歯の予防に対する意識」を高めて頂くことが大切です。

武蔵新城の藤木歯科クリニックでは、患者様に予防の重要性をご理解頂くために、現状の歯の状態と、今後のメンテナンスについて詳しくご説明させて頂いております。

どんなに歯科医療が発達しても、天然の歯と全く同じ機能や快適さを求めるには限界があります。だからこそ、藤木歯科クリニックでは、患者様に定期検診の大切さをお伝えし、早期発見・早期治療をおすすめしています。定期検診を受けられきた患者様と、そうでない患者様の口腔内を比較すると、虫歯の再発率や歯周病の進行度合いに大きな差が生まれてきます。

10年後、20年後も、ご自身の歯が健康であるために。

歯の健康状態を保ち、あなたが高齢になっても、ご自身の歯で食べ物を噛み続けられるような環境であって欲しいと願っております。予防歯科は、早期に実施することがとても大切です。できるだけ若いうちから歯への意識を高め、定期検診を受けて頂くと幸いです。

当院の予防歯科治療を、是非、ご家族みなさんでご利用下さい。